第1種電気工事士の合格率|出題傾向の多い科目・少ない科目も紹介

ビルや工場・一般住宅などの電気設備の安全を守るため、法令に電気工事は一定の資格を持っていなければ行うことができないと定められています。 電気工事を行うことができる資格を有する人を電気工事士といい、電気工事士1種では大型の商業施設の工事や高圧の送配電線路における工事に従事できるようになります。 さらに、電気工事士1種は国家資格のひとつであることもあり難易度は低くありません。 建設ワークス ですが、電 […]

施工管理に向いていない人?おとなしい人は向いていないのかも紹介

職業安定所(ハローワーク)によると、施工管理の仕事を含む建設業界は、建築・土木・測量技術者の有効求人倍率が、6.52倍といった数字が示しているように、大勢の人材を必要としているのが分かります。 また、人手不足と物価高の影響から予算が高い、人がいないといったことが起こり、建設業界は厳しい状況にあるといえます。 人手不足を解消するためや、国も今後インフラ整備に力を入れることが予想されているため、建設業 […]

電気工事士2種のできることとは?電気工事士2種だとできないことも

コロナ禍に家で過ごす時間が増えたことから、趣味としてDIYを行なっている方も増えてきました。 簡単な雑貨からテーブル・作業机を作る方の他に、ブランクやシーソーといった公園にあるような遊具や小屋やベランダを作っているDIY上級者の方もいらっしゃいます。 電気の配線工事を業者に依頼するとなると安くても2万円かかるし、コンセントや照明器具までつけるとなると10万円以上もかかるため、自分でやろうかな〜と考 […]

電気工事施工管理技士1級と2級の資格や仕事内容、キャリアについて解説!

近年、都市の近代化や、再生可能エネルギーの導入などによって、建設業界における電気工事の需要が急増しています。 建設業界における電気工事の需要の背景から、電気工事施工管理技士という資格がより重要となってきています。 近年需要が高まっている電気工事施工管理技士の資格は、電気工事の品質や安全性を確保するための専門的な知識や技術を持つ方に与えられるもので、1級と2級で区分されます。 そこで本記事では、1級 […]

施工管理の種類には何がある?7種類の施工管理の違い・おすすめとは

長年経験を積むことで安定した収入を期待できることや、手に職をつけられることから施工管理という職種が注目されつつあります。 実際、施工管理は電気工事を専門とする電気工事施工管理や、建築を専門とする建築施工管理技士など大きく分けて7種類あり、それぞれで担当する業務内容・職種が異なります。 一口に施工管理といっても、担当する業務が大きく異なることから施工管理に興味を持っている方は自分に合った施工管理を選 […]

女性だと施工管理はきつい?施工管理としての働き方や向いている人とは

建設業界は長らく男性が中心となって活躍してきた分野の一つであり、施工管理という職種において男性が中心となって活動している傾向が見受けられます。 近年さまざまな多様化に伴い、建設業界で働く女子会の割合が増え、活躍の場を広げています。 さらに、おしゃれな作業着も多く販売されるようになり若者が建設業界に対する興味を持つ割合も増加しています。 ですが、実際に建設業界と聞くと重たい材料を運んだり夏場は気温が […]

女性が施工管理で働く強みとは?現場での苦悩やデメリットも解説

建設業界と言えば、頑丈なヘルメットをかぶった男性たちが、鉄骨やコンクリート、重たい資材を扱うといった力仕事のイメージが強いのではないでしょうか。 しかし建設業界の中でも「施工管理」というポジションでは、体力を要する業務だけでなく、現場全体を指揮するような細やかな観察力、気づかい、コミュニケーション能力が必要とされる場面も多いです。 そのため、女性が大いに活躍できるチャンスが広がっています。 建設ワ […]

施工管理で内定が取れる志望動機とは?アピールするべきポイントを紹介

少子高齢社会が進む日本では若手の働き手が不足する状況に直面しており、施工管理をはじめとした建設業界では人材不足の問題が顕著に現れています。 施工管理者の求人倍率は高く、下記のように高い水準で常に多くの求人が出されています。 建築施工管理技術者の有効求人倍率 5.35倍 土木施工管理技術者の有効求人倍率 11.63倍 参照:厚生労働省職業情報サイトjobtag 「建築施工管理技術者」 参照:厚生労働 […]

ゼネコンの施工管理とは?ゼネコン業界の特有の働き方や転職のポイント

建設業界は日本経済の柱の一つであり、その中心に位置するのがゼネコンの施工管理です。 この記事ではゼネコンの施工管理の仕事内容から年収、働き方に至るまで、網羅的に解説します。 また、ハウスメーカーの施工管理との違いや、スーパーゼネコンと呼ばれる企業群の特徴も説明します。 さらに、転職を考えている方向けに、必要な資格や経験、面接で重視されるポイントについても触れ、転職する際にお役立ていただける内容にな […]

電気工事士の年収平均|電気工事士として年収1,000万円を狙える?

社会や家庭での暮らしを進めていく上で電気は欠かせません。 万が一のトラブルが発生した場合には、電気の取り扱いの専門家である電気工事士の資格を所有している方の対応が必要です。 しかし、電気工事士は市場で人材が少ないこともあり市場価値が高く、就職や転職で人気が高い職業です。 実際、どのくらいの年収なのか、年収が高い電気工事士として活動するにはどうすればいいのだろうか?と疑問があるはずです。 そこで、本 […]