求人を検索する(無料)

電験二種は難しい?これを読めばまるわかり!試験について解説!

この学歴電気工事において、電気主任技術者は、工事を円滑に行うための事業用電気工作物の建設、保守、および運用における電気保安の監督を担当しています。

安全のための適切な処理と判断が求められる電気工事においてリーダーとして、適切な問題処理能力をけている身に付けている必要があります。

その能力を証明するための資格が電気主任技術者試験、通称「電験(でんけん)」です。

この記事では、特に第二種電気主任技術者試験(通称電験二種)に焦点を当て、一種や三種との違いや、二種の資格を持つことのメリットについてご紹介していきます。

建設ワークス

この記事はこのような方におすすめの内容となっています。

  • 電験二種を取得しようと考えている人
  • 電験二種資格を活かして転職したいと考えている人

資格の種類をおさらいしよう

第三種電気主任技術者

電験三種は、出力5000キロワット以上の発電所を除く、電圧が5万ボルト未満の電気設備の工事・保守・運用に必要な資格です。

工場、ビル、商業施設、発電所、変電所などの施設が対象となります。

第二種電気主任技術者

電験二種は、電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物の工事、保守、運用に必要な保安管理を行うための資格です。

対象施設は、中規模の再生可能エネルギー発電設備や大規模な工場などです。

電験二種は三種よりも取り扱える電圧がぐんと上がります。

そのため、二種の電圧に対応している施設が多いこもから、需要が高まっています

第一種電気主任技術者

電気主任主任技術者は、大規模な施設や発電所、工場、施設管理など、ほぼすべての規模に対応することができる資格です。

管理対象になる施設は大規模なものから小規模なものまで幅広く、事業用電気工作物の工事で保安監督業務が一任されます。

 

電験二種を持っているとできる仕事

2種電気主任技術者の資格を持っていると、以下のことが可能になります。

中規模から小規模の施設管理

2種資格を持つことで、商業施設、工場、小規模事業所などの中規模から小規模の電気工作物の管理と監督ができるようになります。

管理とは、施設内の電気工作物に関する安全性の確保であり、電気工事士のリーダーとして電気工事を監督する役割も担います。

商業施設では照明、エレベーター、空調システムなどの電気設備を監督し、正常に動作するかどうかなどを確認します。

この点検のお陰で、火災や感電の危険を最小限に抑えることができます。

電気保安規制の遵守

電気保安規則に従い、安全な電気設備を維持することも電気主任技術者の仕事の一つです。

点検、保守、安全対策、訓練、事故対応など、様々な業務を通じて、電気工作物の安全な運用を支えます。

これにより、設備の寿命を延ばし、トラブルを予防することができます。

さらに、2種電気主任技術者は、電気設備に問題が発生した際にも迅速な対応が求められます。

このように、電気主任技術者は、電気工事の監督、安全管理だけではなく、事故の未然防止やトラブル解決など、多岐に渡る業務を担当しています。

叶えられるキャリアアップ、転職、年収について

第二種電気主任技術者資格を取得することは、電気関連業務でのキャリアアップのチャンスに繋がります。

ここでは、第二種電気主任技術者資格取得によるキャリアアップについて解説していきます。

第二種電気主任技術者の平均年収

第二種電気主任技術者の平均年収は、地域や業種によって異なりますが、比較的給与水準が高いと言えます。

一般的な平均年収は約625万円と言われています。

電気工事士は電気工作物の管理と安全性確保に関する重要な役割を担い、需要が高く高度な専門スキルを必要とするため、それに応じて給与水準も高めに設定されています。

平均年収は、経験、地域、職場の規模によって変動することがありますが、多くの場合、一貫して平均年収が高いと言えるでしょう。

第二種電気主任技術者の年収は500~720万円に分布しており、ここでは平均値である625万円と表記しています。

有資格者は転職に有利?

電験二種の資格を持っている人は、転職において非常に有利と言えるでしょう。

この資格は、電気工作物の管理や監督に関する専門知識を持っていることを証明するものものですから、電気関連の職種だけでなく、施設管理、安全管理、エネルギー関連の職種など、幅広い分野での就職チャンスに繋がります。

また、即戦力を求める企業は電験二種を持つ人材を積極的に採用しています。

保有資格の専門知識を活かすことができる電気主任技術者は転職時に有利になるでしょう。

電気主任技術者は需要が拡大している

近年、エネルギー効率の向上や持続可能なエネルギーへの転換が進むなど、電気関連の分野での需要が拡大しており、これに伴い、電気主任技術者の需要が増加しています。

さらに、近年、新たなテクノロジーの採用やエネルギー効率の向上に伴い、電気設備の複雑さが増し、高度な知識とスキルが求められています。電気主任技術者は、電気工事の専門家として不可欠な存在となっており、その需要は着実に増加しています。

したがって、この資格を持っていれば、安定した雇用が期待できるほか、転職も有利であると言えるでしょう。

 

電験二種は二種類の資格取得方法がある

資格取得には二種類方法があります。

一つは「実務経験+学歴による認定」。もう一つは「国家試験合格」です。

実務経験+学歴による認定を受けるパターン

学歴による認定では、特定の要件を満たすことによって資格を取得できます。

実務経験と学歴による認定方法では、試験を受けずに資格を取得できます。

実務経験による認定では、一定期間の電気関連の実務経験が必要で、

学歴による認定では、指定された教育機関においてカリキュラムに沿った電気工学や関連分野での学士または修士の学位を取得することで資格を獲得できます。

この認定方法では、必要な経験や学歴を持っていれば、試験を受けずに電験二種資格を取得できます。

この方法は試験を受けずに資格を取得したい人に向いていますが、資格要件を満たすためには実務経験や学歴が必要です。

資格の級によって、必要になる学歴や実務経験年数が違いますので、認定申請の前にしっかりと確認するようにしましょう。

国家試験に合格するパターン

認定験に実務経験が求められる一方、筆記試験においては、実務経験を直接的に必要とされません。

試験の受験資格に制限は設けられておらず、実務経験がなくても試験を受けることができます。

ただし、筆記試験は難易度が高く、合格には十分な勉強と準備が必要になります。

要するに、電気主任技術者になるためには、認定試験においては実務経験が必要ですが、筆記試験には実務経験は必要とされません。

どちらの方法を選ぶかは、ご自身の経験や目標に合わせて検討してみてください。

受験スケジュール

電気主任技術者試験は通常、年に2回実施されます。

一般的な試験のスケジュールは春季(約4月)と秋季(約10月)です。

受験者は公式なウェブサイトや主催機関から試験日程や詳細情報を追って試験に申し込みましょう。

 

難易度

第二種電気主任技術者試験(電験二種)は、電気関連の資格試験の中でも難易度が高いとされています。

電験二種試験は電気工事士としての基本的な知識を測るものであり、電気工学の幅広い分野にわたる内容を網羅する必要があります。

電気回路、電力工学、電子工学、電磁気学、安全規制など、広範な知識を身につけることが必要です。

さらに、試験には高度な数学と理論的な知識も含まれるため、複雑な計算や電気回路の解析、電力伝達の理論などが出題されます。

 

勉強時間

電験二種試験に合格するためには、十分な勉強時間が必要です。

個人の学習ペースや背景によって異なりますが、一般的に600時間ほど必要と言われています。

合格には、長期的な学習計画と適切な学習資材を用いて準備を進めることが大切です。

電験二種試験は難易度が高く、合格率は低いとされていますが、科目別の合格率が比較的高いため、得意分野で高得点を狙うことで、合格への道が開けます。

十分な準備と計画的な学習により、難関試験に挑む準備を進めましょう。

一次試験

一次試験の概要は以下の通りとなっています。

試験時間

一次試験は通常、午前と午後に分かれて行われ、約3時間ずつの試験時間が割り当てられています。

詳しい試験時間は、一次試験の「理論」「電力」「機械」が90分、「法規」が65分、二次試験の「電力・管理」が120分、「機械・制御」60分です。

一次試験では次の4つの分野から出題されます。

試験科目 試験内容
理論 電磁気学の基礎、電気回路理論、電気機器の基本原理、電子工学の基本原理、制御工学の基本原理
電力 電力工学の基本概念、 電気機器の動作原理、電力計測と電力品質、電力供給と分配、電気設備の設計と保守
機械 機械工学の基本概念、機械要素と動力伝達、制御装置と制御回路、プロセス制御と計装
法規 電気設備に関する法令と規則、電気事故の予防と対策、職場安全と健康保護、環境保護とエネルギー効率

一次試験ではこれらの科目から出題され、それぞれの科目で合格点を取ると、次のステップである二次試験に進む資格を得ることができます。

一科目ごとに合格率が異なるため、受験生はそれぞれの科目に焦点を当てた対策が必要となります。

科目別合格率

電験二種の例年の合格率は一般的に10~20%前後と低いですが、科目別の合格率は比較的高い傾向にあります。

電験二種の科目別合格率の一般的な傾向を示す表は以下の通りです。

(なお、具体的な年度ごとの合格率は異なる場合がありますが、一般的な傾向を示しています。)

試験科目 合格率(一般的な傾向)
電気工学基礎 50%前後
電気設備法令・規格 50%前後
電気工事施工管理 50%前後
電気安全技術 50%前後

この表からわかるように、電験二種の各科目の合格率は一般的に50%前後となっており、科目別に均等に合格率が分布している傾向があります。

各科目に対して均等に対策を行い、効果的な学習を進めることが合格への近道になります。

ただし、年度ごとに合格率は変動するため、受験の際は注意が必要です。

一次試験の過去問

次試験の対策において、過去の試験問題は非常に有用です。過去問を解くことで、試験の出題傾向や難易度を理解し、自身の知識不足を洗い出すことができます。過去問題は通常、試験の公式ウェブサイトや専門の試験対策資料で入手できます。

参考:一般社団法人電気技術者試験センター「試験の問題と解答」試験の問題と解答 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター (shiken.or.jp)

「科目別合格制度」とは?

電験二種試験では、前回の一次試験で合格した科目について「科目別合格制度」が適用されます。

これは、一次試験で一つ以上の科目に合格した場合、次回の試験ではその合格科目を免除して受験してよいという制度です。

科目別合格制度を活用することで、合格への道がよりスムーズになります。

二次試験について

二次試験も筆記試験です。ここでは、電気工事に関連する技術や法規制に関する問題が問われます。

試験科目には、電気設備技術、電気回路、電気通信、電気安全法、建築法などが含まれます。

試験の形式は、択一式の選択肢問題や記述式の問題で構成されますが、問題形式や問題の難易度は年度ごとに異なることがあります。

この難しい二次試験を突破し、合格することで、晴れて電気工事士第二種技術士資格を得ることができます。

二次試験の科目別合格率

科目別の合格率は、一般的に試験ごとに若干異なりますが、一次試験と同様に均等な合格率が目指されています。

合格者が多い科目と少ない科目が存在し、受験生は全科目で合格を目指す必要があります。

過去問題集は実力を養うために有用であり、実技試験の形式や出題傾向を理解する助けとなります。

合格に近づくためにも、試験対策は科目ごとに計画的に行い、模擬試験を受けて実力を確認する機会を持つことをお勧めします。

試験日程

電験二種の二次試験の試験日は一般的に、一次試験の約2ヶ月後に設定されています。

試験日程は試験を主催する機関や関連ウェブサイトで公表されます。

一次試験に合格した受験生は、二次試験への申し込みを忘れずに行ってください。

まとめ

電気主任技術者試験は、事業用電気工作物の保安を確保するために欠かせない資格です。

高度な技術が求められる第二種電気主任技術者試験(電験二種)の合格には入念な対策が必要です。

一次試験では、基本的な理論知識と試験の流れを理解し、一般的には合格率の低い一次試験に焦点を当てることが多いです。

過去問の解答や模擬試験の受験を通じて、自己評価を行いながら着実に対策を進めましょう。

また、一次試験に合格した後に控える二次試験対策も怠らないようにしましょう。

試験内容は実務との関連性が高いため、試験合格に向けた努力が実務スキル向上にも繋がります。

第二種電気主任技術者資格を得るこは、電気工事士としての今後のキャリアに大きく役立つでしょう。

この記事を読んだ皆さんが、キャリアを見つめてより良い選択を考える足掛けになれば幸いです。